ワンポイントコラム

レーザーの事故について

 

レーザーマーキングを施す際気を付けるべき事故について
レーザーマーキングに使われておるレーザー光線は対象の物質により光の強さや時間をを変える必要があります。
安全には十分の配慮が必要となのはいうまでもありませんが、レーザーの波長や強度など細心の注意を払わなければ、人体の健康に危険を及ぼすこともあるので何より作業においては注意が必要です。レーザーマーキングに使われるレーザーで特に気をつけなけれなばならないのは目です。事故でもよく騒がれているのがレーザーが目に入り失明したとか

 

そんな事故が後をたちません。レーザー光線が目に入ると最悪の場合は失明にするあります。

 

 

目にレーザー光線を当てることで、一時的に視力が低下するなど、目にダメージを受けてしまうこともあるのです。その中でも
不可視光線のレーザーは特に気をつける必要があります。名前が示すとおり、目に見えないもので、人間の目では波長は目に見えないために不

 

可視光線となるのです。
このような種類ののレーザー光線を目に受けてしまうと、目の内側の部分に損傷を受けることもあります。
一方で不可視光線の場合は、目を通過できない反面で、外側の部分である角膜などに損傷を与え、白内障のような病気をになることもあるため安全には十分に注意必要があるのです。
レーザーは使い方を誤ると安全性を大きく損ねてしまうことになります。

 

レーザーマーキングの使用の安全指標について

レーザーマーキングの使用されるレーザーに関しては、レーザー分類法ある。レーザーを使用するユーザーが目などに直接照射された場合に、波長や強度などによって、どのようなダメージを受けるかを4段階に示したものです。
クラス1呼ばれる第1段階では、レーザーが人体に触れたとしても、特段害はないとされ、安全性が高いことが示されています。
そしてその段階が上がるにつれて危険性は高まっていきます。

 

クラス2段階、長時間、目に照射されると損傷する可能性があるとされています。
人間は定期的に瞬きをしていますが、それによってレーザー光線が目に直接当たることを防いでくれています。
瞬きでしっかりと保護できるレベルでですわざと目に当てることさえしなければ、問題のなレベルです。

 

クラス3までくると、注意が必要となります。クラス3は目に損傷を受ける危険性が高く、使用時には保護用のめがねを着用することが勧められています。

 

クラス4は目に重大な損傷を受けるだけでなく、皮膚についてもやけどを引き起こすなど、大変危険です。
そのため使用時には充分な注意が必要であります