モバイル無線LANの危険性について

モバイル無線LANの危険性について

 

 

 

通常のいわゆるがら携帯からスマートフォンへの移行が急速に進み、ますます便利な世の中になってきました。
スマートフォンをはじめ、PCなど様々な機器に無線LANが標準装備され、インターネットに接続することが可能になっています。
そして最近では無料で使える無線LANポイントが増えているため、家より外で使う機会が増えてきています。
飲食店を探したり、や買い物等もスマホで探すことの方が多いのではないでしょうか?

 

しかしこのような無線技術の発展に伴い、今までは考えなかった新しいリスクも出現してきました。いわゆるハッキングされたり、コンピューターウイルスにやられるといのは今までPCに限定されたことでした。しかしながら前述のwifiと通信機器の発展により、PCだけばく、スマホやその他の情報機器もハッキングされたりするリスクが出てきたのです。
特に注意しなければいけないのがスマホです。携帯電話も従来型のガラ携帯にくらべ、インターネットにPCなみにアクセスできるなど利点も多くなりました。しかしそれはどういうことかというと、PCがハッキングされる可能性があるようにスマホもハッキングされる可能性があるということです。
その可能性がどのような場合にあるかというと、外部の無線LANを利用する時です。
、無線LAN利用に伴うセキュリティ上のリスクとしては、まず盗聴等が情報を盗まれることが上挙げられます。
盗聴についていうと無線LANは電波を使って情報を送受信することになるのので当然セキュリティ設定がなされていないと、電波が届くところから通信内容を盗み見られる可能性があるといえます。特に注意しなければならないのは無料の無線WIFIです。無法地帯になっているので特に注意が必要なのです。
また非常に恐ろしいことは他人に無断で端末にアクセスされることです。無断にアクセスされるだけならまだしも、例えば遠隔操作等で
勝手にメールを他人に送ったり等、いくらでも悪用されてしまいます。

 

わからない無線LANアクセスポイントを利用することにより、あなたのIDやパスワード、電子メールの内容などを第三者に盗み取られたり、ウィルスに感染させられたりする可能性がありますので注意が必要です。
さあこれらの脅威から大切な情報を守るため無線LANを利用する際の注意すべきポイントをご紹介します。

 

まず第一のポイントは知らないアクセスポイントには接続しないということです。これが一番大事です。外には無料有料問わず様々な公衆無線LANポイントが存在します。その中には暗号化などの適切なセキュリティ設定がなされていないものも多くあるのでそれらに繋がると言うのは非常に危険なのです。
また大事な情報を入力する際は、利用するサイトが通信を暗号化しているかを確認するが重要です。
WEBの世界では暗号化して送りことをSSLといいhttpsで表示されるのです。
Eコマース決済や問い合わせフォーム等で利用されています。利用するサイトが、「SSL」で通信を暗号化しているかを確認(Webブラウザーに表示される「錠前」マークの確認と、エラーが表示されていないことを目視確認)します。

 

さらに、外では通信事業者など契約して使うモバイルWi-Fiルーター以外使わないことが一番だと思います。
また、外出先で公衆無線LANを利用する場合は、Eコマースの決済など、個人情報の入力が必要なサイトの利用は避けたほうが賢明でしょう。