製法によって違うアクリル樹脂の種類

製法によって違うアクリル樹脂の種類

アクリル樹脂は、その製法によって種類があり、その種類によって、用途、長所、短所があります。
ここでは、アクリル樹脂の種類と、それぞれの長所と短所について紹介していきます。

 

まず、押出法によって製造された「押し出し材」について紹介します。
押し出し材は、押出機によって加熱溶融された後、シート状に押し出し、冷却固化する際にローラーで鏡面転写を行って連続的にアクリル板を製造する方法で作られた物です。
長所としては、製法上、板厚の寸法精度に優れていることと、接着性に優れているので、溶かして接着する溶剤接着に向いていること、熱による伸縮性を利用して、熱曲げ加工しやすい点と、価格が安価である点が挙げられます。
短所としては、後述しますが、キャスト材に比べやや硬度が低いので反り易くなっている点、溶液や薬品によってヒビが入り易い点、加熱部分が溶けてしまう為、高速切削加工には向いていない点が挙げられます。
ただ、加工性の高さを活かし、ヒビが入りにくく、加工しやすい連続製板等の種類も開発されています。

 

次に、セルキャスト法によって製造された「キャスト材」について紹介します。
キャスト材は、2枚のガラス板の間でモノマーを塊状重合させてアクリル板を製造する方法で作られた物です。
長所としては、押し出し材に比べて硬度があって反りにくい点と、押し出し材と比べてヒビ混入が少ない点、比較的熱に強いので、電動ノコギリ等で切削個所に熱が掛かる加工でも加工しやすい点が挙げられます。
短所としては、押し出し材に比べて溶剤接着に時間が掛かり、接着強度も低い点と、板厚が安定していない点、価格が高価である点が挙げられます。

 

同じアクリル樹脂といっても、製法によってこのような違いが出てくるので、製造メーカーは、それぞれの製法でも長所を活かし、短所を減らす努力を続けています。
次に紹介するのは、その加工性の高さとメーカーの努力によって開発されたアクリル樹脂です。

 

「有機ガラス」と呼ばれるアクリル樹脂は、シリコーンを表面に塗布することにより表面強度を上げ、傷つきやすいという欠点が大幅に改善された結果、水族館の水槽や戦闘機の風防に使用されるようになり、「ソフトアクリル」と呼ばれるアクリル樹脂は、ゴム成分を加えることで耐衝撃性をさらに向上させた結果、自動車用のドアミラーやインソールパネルに使用されたり、粉砕してABS樹脂に増量剤として使用されたりすることもあります。

pp加工もおすすめですよ

人